スポンサードリンク

田舎の不動産を探す

私が時々でもよいから田舎に住んでみたいと思ったのは、ちょうど西暦2,000年の頃でした。 その頃から私の田舎探しが始まるのですがさて、いざ場所探しとなると大変でした。自宅からあまりに遠くては行くだけでも大変です。 田舎不動産の載っている雑誌や、リゾート物件の載っている雑誌をたくさん物色しました。

でも・・・出たのはため息ばかりです。 なぜって、近くてロケーションの良さそうなところは、 土地だけでも相当な値段です。とてもじゃ ありませんが買えそうにありません。 過疎の村の貸家物件なども考えて見ました。畑付き古家付きで、 1ヶ月の家賃が2万円なんていう驚きの物件もありますが、 これは遠すぎるのと、ちょっと私の考えている ライフスタイルにはそぐわないものなのでパスです。 

毎週のように物件を見に行きました。

伊東

伊豆

海一望で素晴らしい景観。

みかんの木もある傾斜地に建っている中古の平屋建がありました。 土地の広さは約100坪。 ここは素晴らしい景色で、私はかなり乗り気に なりましたが、妻がやはり海の近くより山が良いというので断念。 値段は1400万円。予算も若干オーバーでした。 他にも伊豆の物件は5件ほど見ましたが、わかったこと。 海の近くは潮風、湿度が高く、使われていない家などかなりカビの臭いが したり、時々利用するにはあまり良い条件ではないことがわかりました。

山梨・・・小淵沢

小淵沢

今ではかなりの人気のある場所です。友人が住んでいるし、確かに場所もなかなか良い所ですが、 予算に合う物件があまりありませんでした。 1件、雑木林の綺麗な物件を紹介してもらいましたが、家が細い丸太を 組んだ建物で、隙間だらけで、ゴミや虫の死骸、風で運ばれてきた土がいっぱいでした。 これではあまり快適に住める状況ではありません。夏ならなんとか住めるかもしれませんが、 冬も利用するつもりでいた私にはとても購入する気はおきませんでした。

見つけた土地

他にも、那須や清里(有名なリゾート地ですが、冬は強烈に寒いそうです。) 山梨では長坂、大泉など、随分見て回りましたが、予算が足りません。 やはり田舎にもう1件家を持つなんて無理なのかなと、あきらめかけていた時 キットハウスカタログというセルフビルドのための雑誌に、 格安で注文建築をする工務店が広告を出していました。 そこに「土地をお探しの方は安い借地をご紹介します」との見出しがあったのです。 誇大広告の可能性も考えられましたが、行動をしなければ、物事は前には 進みません。さっそく電話をしてみました。 電話に出た工務店の社長は、「ウソではありません、現地を案内させます」 と言うので、騙されたと思って見に行くことに決めて、 さっそく翌週にはその会社の人に案内をしてもらいました。

それが今の山荘のある土地なのですが、格安の地代で地元の森林組合から 借りられるとのこと。森林組合の管理人さんにも他にも何箇所か見せてもらいましたが、 雑木林が綺麗で、若干谷間という点を除けば、陽当たりもまあまあ、なんと言っても借地料が 安いのでそこに決めました。蓼科あたりでも借地権付の土地や中古別荘がありますが、おしなべて 借地権の値段だけでも300万〜500万円はします。これでは建築費用に まわせるお金が不足してしまいます。借りることを決めた土地は約180坪。 都会の土地からしたら随分な広さですが、ほとんどが傾斜地です。 さっそく賃貸借契約を締結しました。ここから 私の週末田舎暮らしがスタートとなったのです。

田舎の雑木林

土地は数年後に隣の区画も借りることができて、現在は約420坪の広さになりました。 隣の区画は美しい雑木林で当初ここに土地の賃借人が建築予定だったのですが、 何か事情があったらしく、賃貸借契約を解約したことを聞いたので、 隣の敷地も借りたいと森林組合に申し出たところ、OKしてくれたので隣地も 私が借りることができました。地代の支払い額がだいぶ増えましたが、 これで隣地には家が建つことはないので、美しい雑木林が伐採されることはなくなりました。

「我が家の敷地が広くなったのは虫のおかげ?」

田舎不動産の上手な探し方

 田舎不動産の情報を知るにはどうしたら良いでしょうか。私はまずリゾート物件情報や その他の田舎や別荘地を紹介している雑誌を手当たり次第に物色しました。 めぼしい物件があるとまず取り扱っている不動産会社に電話。この時に不動産会社の対応も 見ておきます。不動産という高額なものを購入したり借りたり するわけですから業者選びは大切です。最近はホームページを持っている業者も多いので、 いきなり電話よりメールで問い合わせしたほうが良いかもしれません。 東京や大都市の業者が扱っている物件よりも、地元業者の扱っている物件の方が良いでしょう。 現地の不動産業者のほうが新しい情報を持っていることが多いからです。 管理のしっかりした大手業者の分譲別荘地を探している人は田舎の業者にこだわることは ないと思います。

 現地へ物件を見に行く段階で注意しなければならないのは、実際に その土地に建物が建つのか、法令上の制限や水道や電気などライフラインのこともよく聞いて おくことです。土地を取得した後で建物が建たないことがわかったりしたら大変です。 まあ、このあたりはきちんとした業者ならちゃんとした説明をしてくれるはずです。 また、名刺をもらったら宅建業の免許番号も確認すること。目安としては免許番号の数字が 2〜3以上であれば地元で長く営業している業者なので一応は安心できます。但し、免許の取り消しというのは よほど悪質なことをしない限り滅多にないので、免許番号の数字が大きいからといって それだけで良い業者とは限りません。参考程度に見ておきましょう。
【四季の写真ギャラリー】
春の写真ギャラリー 夏の写真ギャラリー 秋の写真ギャラリー 冬の写真ギャラリー

MENU


スポンサードリンク

スポンサードリンク

当サイトに掲載の記事、写真などの無断使用、無断転載は固くお断り致します。

Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.