週末田舎暮らしの建物の建築

2×4などのプレハブ系工法

スポンサードリンク

2×4(ツーバイフォー)などのプレハブ系工法

2×4(ツーバイフォー)などのプレハブ系工法の利点

地震に強い
これは阪神淡路大震災の時に立証されたのですが、この工法の家はほとんど倒壊しませんでした。

機密性・密閉性が高い
工場で正確にカットされた部材を模型を組み立てるよう作り上げるので、機密性・密閉性が良く、断熱効果があります。 密閉性が良いので虫などが入りにくいと思います。田舎暮らしをしたいけど、虫が苦手という人にはおすすめです。 また工期が早いのも特長です。

また、耐火性能も基準がかなり厳しいので通常の木造住宅よりは優れています。

2×4(ツーバイフォー)などのプレハブ系工法の欠点

湿度や結露などの問題
機密性・密閉性が高いということは逆に温度も逃げない変わりに、湿度も逃げ難いので結露などの問題が生じます。 但し、これも最近は通湿性のある新しい素材を利用した建物や、換気の問題もシステム化されて改善されてきているので、 あまり問題にはならないかもしれません。

設計の自由度がない
あらかじめハウスメーカーの設計の雛形があって、色々なパターンの間取りから選べるようにはなっていますが、 壁材その他は最初に間取りに合わせて作られているので、後からの設計変更や変わった間取りにはできません。 ただ、最近は大手ハウスメーカーにはかなりの間取りが用意されているうえ、内装などは好みにより変更することができます。


自分のライフスタイルに合わせた家作りをしよう。

たまご型の家

主だった工法を3種類説明しましたが、この他にもドームハウスやカナディアンシーダーハウスなど、 別荘ならではの面白い工法もあります。このあたりは個人の趣味や使用の仕方によって色々研究してみることが大切です。

とりあえず、土地は確保したけど、今はまだ建物の建築は経済的には無理と言う人には、ツリーハウスや トレーラーハウスを設置するとか、アウトドア遊びが好きな人は、極端な例ですがテント暮らしをして、 アウトドアを満喫するなんて手もあります。ただ、前述のトレーラーハウスなどは場所によっては設置ができないところもあるので、 事前調査をして設置可能かどうか確認しておく必要があります。

上の写真は管理人の山の家の近くにある別荘地で見つけた面白い建物です。かなり遊び心のある建物だと思いますが、多分既製品だと思います。

時々都会から来て、週末を過ごすには面白い建物だと思います。 キッチン・バス・トイレが完備していれば、もちろん定住することだって可能です。 自分のライフスタイルや予算に合わせた建築をすることで、無理なく田舎暮らしを楽しむことが大切だと思います。


MENU



当サイトに掲載の記事、写真などの無断使用、無断転載は固くお断り致します。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.