週末田舎暮らしの楽しみ方

【その1】

スポンサードリンク

週末田舎暮らしの楽しみ方【その1】

週末だけでも田舎暮らしをしようという動機は人それぞれ違うと思いますが、共通して言えるのは田舎暮らしをして都会ではできないこと、 田舎ならではの楽しみ方をするために2地域居住を始めた人がほとんどなのではないのでしょうか。積極的に何かをするというだけでなく、自然豊かな静かな環境で何もしないでボーっと過ごすというのも田舎ならではのスローな楽しみ方のひとつかもしれません。週末田舎暮らしの色々な楽しみ方考えてみました。

アウトドア

田舎暮らしというとすぐに思いつくのがアウトドア。ここでいうアウトドアはテニスやゴルフも含まれますが、これはあまりに一般的で都会に住んでいる人でも気軽にできるスポーツなのでとりあえず除外。 といってこれから挙げるものも都会に住んでいてもやれるものばかりです。ただ、田舎に住めばより身近に行うことができるものばかりです。

登山・ハイキング

高見石から白駒池

田舎の場所にもよりますが、田舎の家が山の近くにある場合。登山やハイキングがずっと身近になります。 但し、いつでも行けるとなると以外に行かなくなってしまうのが人の常。面白いものですね。 私の住んでいる所から日帰りピストンで登れる山はやはり八ヶ岳。特に北八ヶ岳は 車で約一時間、車が走れる峠道では一番標高の高い麦草峠まで行けば、白駒池や白駒池を眼下に見下ろすことができる高見石というところまで のんびり日帰りハイキングができます。

右の写真は北八ヶ岳の宝石といわれる【白駒池】
高見石は絶好のビューポイント

釣り

これは海の近くの人ならどこでも、山に住んでいる人なら川や湖と釣り場は色々な所にあります。アウトドアフィッシングと言えばフライフィッシングですが、 田舎では食べられる魚を釣る本来の釣りも楽しみたいものです。ニジマスなどは釣ってきたら家の敷地で燻製を作るなんてこともできます。

山菜採り・きのこ採り

食べられるキノコと毒キノコ

山菜やきのこを採取するのはとても楽しいものです。 ただ、食べられるものと毒のあるものは地元の人に教わるなどして一品種ずつきちんと覚えて採るようにするのが安全な採り方です。 毎年毒のある山菜やきのこを食べて中毒をおこす人が多いので特に注意です。私の田舎でも、毎年秋口になると下のスーパーで地元のきのこ愛好家 の方の主催で現物を並べて毒キノコの見分け方などのイベントを行っていますが、きのこは簡単には見分けられません。

私もきのこはまだよくマスターしていませんが、 山菜は何種類か自分で見分けることができるようになりました。 山菜の王様といえばたらの芽ですが、これは地元の人がほとんど採ってしまうのでかなり難しいです。定住していれば最適な採取時期に採ることができますが 週末だけ田舎に来る人にはちょっと無理かもしれません。

コシアブラというちょっとたらの芽に似た樹木があります。たらの芽よりも少し 香りが強く若葉をテンプラなどにするととてもおいしいですが、時期を逃すとやはり地元の人に採られてしまいます。 ただ、地元の人はちゃんと心得ていて、翌年もきちんと成育するように根こそぎ採ったりしません。必ず根元を少し 残してあります。この辺はなかなかすごいと思いますね。

温泉

日本人は大の温泉好き。温泉の嫌いな人のほうが少ないのではないかと思います。しかも日本は有数の温泉国。 どこへ行っても必ずどこかに温泉があります。長野県も温泉の多い所で私の田舎にも日帰り入浴のできる温泉がかなりあります。 入湯の回数券もあるようなので温泉好きな人はこういうものも利用すると良いでしょう。 温泉地にあるところでは建物を作る時に温泉を引き込めるところも有ります。 ただこの場合は温泉権を買うか借りるかしなければならないので、それなりの予算はあらかじめ組んでおかなければなりません。

野菜や果物を作る

これは週末田舎暮らしではちょっと無理で、定住田舎暮らしではないとなかなかできませんが、将来定住したら 自分で食べるくらいの野菜を作りたいなぁ、と思う人は畑ができる土地がどうか良く調べておいたほうが良いでしょう。 ただ、別な土地に畑だけ借りるという手もあります。畑だけならかなり安く借りられる所もあります。 自分で作った無農薬野菜の味は格別だと思います。地元の農家の人も聞けばとても親切に野菜づくりのことなど教えてくれるようです。 定住する場合はこんなところから地元の人とのコミュニケーションを持つことができるようになります。

田舎暮らしの楽しみ方【その2】


MENU



当サイトに掲載の記事、写真などの無断使用、無断転載は固くお断り致します。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.