ピアノを再開

山荘ではテレビも見れないし、インターネットにも繋がっていない。この時間をもっと楽しいことに使えないか? あった。20歳の頃初めて習ったピアノ。何年かは弾いていたが実家を離れてからは殆ど弾かなくなった。そうだ山荘で弾こうと 思い立った。最初はアコースティックピアノを置こうと思ったが、何しろ安普請の山荘ゆえ、床を補強しなければ体重250kgのピアノさんは置けないと判断。安い電子ピアノを購入、山荘に置いた。

山荘に入れた電子ピアノ

私が習っていた頃の電子ピアノは価格も高い上に本物のピアノとは比べ物にならない貧相な音。今の電子ピアノは昔と比べるとだいぶ音も良くなった。あちこちで試弾して見たが、練習用に使うのなら10万円以下でも充分。タッチの強弱で音の強さも変わるし、鍵盤の重さも軽すぎない。何よりも調律もしなくても良いというのが良い。但し、音の残響の長さなどはさすがに本物のピアノにはかなわない。まあ、この辺は価格からしたらしょうがないと思った。

早速購入。といっても試し弾きをさせてもらったお店からではなく、価格.comで最安値の店で配達指定をしてくれるお店を探した。ピアノのような大きいものは配達指定してくれない所が多い。アマゾンもダメだった。山荘にはいつも住んでいるわけではないので、配達指定ではないと受け取れない。今は家電量販店などで実物を見てネットで買う人が多いので量販店の経営が苦しくなるわけだ。申し訳ないとは思うが、消費者側からすれば少しでも安いほうが良いに決まっている。但し、組み立てなどは自分でしなければならない。

さてさて、また再開したピアノだが、当時若かったので上達が早かったピアノも、20年以上もブランクがあったので昔弾けた曲が全然弾けなくなっていた。まあ、これは当たり前といえば当たり前のこと。でも弾いているうちに結構指が覚えていて、だいぶそれらしく弾ける曲も出てきた。まあ、自分の楽しみで弾いているので、また先生について習おうなどとは思っていない。先生について習えば同じ曲を何度もやらされるし、必ずしもその先生の弾き方が自分の思っているその曲のイメージと合わないことだってある。しかもこうなるとピアノを弾くこと自体が苦痛になってしまうことも考えられる。なので自己流弾きだ。ただ、完全に弾けるようになった曲は録音してチェックしてみようと思っている。録音したものを客観的に聴いてみるとひどい所がよ〜くわかると思う。山荘へ行く楽しみがまたひとつ増えた。


−8−

前のページへ戻る

最初のページへ戻る

Copyright ©  週末田舎暮らし  All rights reserved.