スポンサードリンク

山荘付近の植物や昆虫などのスケッチ

山荘の周辺に生息する植物や昆虫のスケッチを集めてみました。スケッチは管理人の奥様の作です。 彼女曰く、絵の類はもっとも苦手と言っていましたが、その割には良く描けていると思います。 なお、写真は管理人の撮影したものですが、撮影地は山荘付近のものではないものもあります。

ヤマツツジ

ツツジ科の落葉または、半常緑低木。高さ1〜2m。5〜6月頃朱色〜赤色の花をつける。

ヤマツツジとササ

満開のヤマツツジ

【山荘付近のヤマツツジ】この株はかなり大きい。

ダンコウバイ

クスノキ科の落葉低木。高さは3mほどになる。2月〜3月頃に開花するが、山荘付近ではやや遅い。 黄色の小さな花をつける。枝には絹状の産毛のようなものがある。和名は【檀香梅】という。

ダンコウバイの若葉
ダンコウバイ

フキノトウ

フキノトウ

キク科の多年草「フキ」の若芽のこと。フキノトウは汁の実やてんぷらなどにするが、我が家では 軽く茹でて、細かく刻み味噌と鰹節、少量の赤砂糖を入れよく混ぜ【フキノトウ味噌】にする。香りが強いので 味噌の強い味とよく合う。

ネコヤナギ

ヤナギ科の落葉低木。高さは2m〜4m。枝は横に広がる。山地の川べりなどに多い。 3月頃、葉より先に開花する。花穂には絹毛が密に生えている。

ネコヤナギ

オオミズアオ

オオミズアオ

燐翅目ヤママユガ科の大形の蛾。羽を広げるた大きさは100ミリ前後ある。青白色の 美しい蛾である。幼虫はサクラ、カエデなどの木の葉を食べ、さなぎで越冬する。山荘でも朝バルコニーの 壁などに止まっている。何時間もじっとしているので、その間ゆっくりとその美しさを鑑賞することができる。

ホタルブクロ

ホタルブクロ

キキョウ科の多年草。日本を含めた東アジアの山地に生える。茎は高さ50p内外。 葉は互生する。白〜淡紫色の釣鐘型の花が下向きに咲く。なぜ「ホタルブクロ」というのか 名前の由来は不明。
写真は神奈川県の箱根明神ヶ岳山中で撮影したものです。

ホタルブクロ

ホップ

ホップ

クワ科のつる性の多年草。成熟した実の内包、外包に花粉状の苦味物質があり、ビール醸造の香りと苦味付けに 使う。ビールに使われている「ホップ」なんていうと、貴重な植物という感じがしますが、こんなに身近にあるとは知りませんでした。 ただ、弦はかなり大きくなるので、ビール作りに利用している所では、きちんと棚を作り栽培しているようです。

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

キク科の多年草。日本中どこにでも見かける草。山地や低地の日当たりの良い場所に生息します。 花は8月〜10月頃開花します。枝は分岐し、高さ35〜85cmくらい。 これの外来種が帰化植物の「セイダカアワダチソウ」で、こちらは枝は分岐せず高さも大きいものは2mくらいに なるものもあります。秋の花粉症の原因にもなります。 帰化植物が増えると、日本の在来種はだいたいの種類が駆逐されてしまうようです。 植物だけでなく、虫や魚も外来種は在来種を脅かします。家の近所の諏訪湖でも、最近ブラックバスを駆除するための 釣り大会などを開催しているようです。

タムラソウ

タムラソウ

キク科の多年草で、別名「タマボウキ」とも言う。花はアザミに良く似ているが、トゲは無い。茎は30cm〜大きいものは 140cmくらいにもなる。
写真はアザミの蜜を吸うアサギマダラ
「撮影地 長野県 車山」

アザミとアサギマダラ

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ

タデ科の一年草。6月〜9月頃にかけて淡いピンク色の可憐な花を付けます。 その姿とは裏腹に、なんとまあすごい名前ですが、どうしてか?漢字で書くと「継子の尻拭い」茎と葉柄に下向きのトゲがある。 ・・・憎らしい継子の尻をこの草で拭いた・・・かどうかはわかりませんが(こんなもんで拭かれたら血まみれになる) 継子というのは昔から継母にいじめられたことから、こんな名前が付いたのかもしません。 他にも面白い植物の名前がありますが、ポピュラーなものでは、「へクソカズラ」確かにちょっといやな臭いがします。 他には「オオイヌノフグリ」フグリとは睾丸のこと。果実が二つ横に並んでいる姿が犬の睾丸に似ていることから 付けられた名前だと言われています。 植物の名前にはかなり面白いものがあります。

MENU


スポンサードリンク


スポンサードリンク


当サイトに掲載の記事、写真などの無断使用、無断転載は固くお断り致します。
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.