スポンサードリンク

田舎暮らしに車は生活必需品

山荘を作った当初は車を持っていませんでした。都会では車は 便利ではあっても、どうしても必要なものではなかったからです。 駐車場を確保するのも大変だし、鉄道、地下鉄、バスと公共交通機関が よく発達している都会では、車は時にお荷物になることがあります。

山荘ができた頃、中央線の特急あずさに乗って、下車駅からは タクシーを利用していました。蓼科などと違って駅から近いので タクシーを使ってもさほど不便さは感じませんでしたが、やはり 買い物をしたり、帰りの電車の時間を気にしたりすることに、 せっかく手に入れた山荘での自由時間を阻害されるように感じてきました。

スズキエスクード1600S

山荘を建ててから半年後、やはり車を買うことにしました。 免許は若い頃に取得していたので、運転することには抵抗はありませんでした。 運転していない時期が長かったので、若干の不安もありましたが、 若い頃2年ほど仕事で車を使っていて、普通の人の3倍近くの距離を 運転していた経験がよかったのか、1回山荘を往復しただけで すぐに慣れてしまいました。 スズキのエスクードという小さな3ドアの4WDの中古車を購入し、 冬には雪道もスイスイと運転するようになりました。 これで移動にも時間の制約がなくなりました。 車なら終電も気にすることなく、ドアtoドアの移動が可能です。 とにかく田舎では車は生活の足です。路線バスも日に数本しか来ません。 買い物をするにも何をするにも車がないと不便極まりないです。

趣味の4WD車

ここで、ちょっと趣味的な車の話。 中年になって本格的に車を運転するようになった私ですが、 大の車好きになってしまいました。雪道も走るためやはり好きな車は 4輪駆動車です。

最初に買った車はスズキの旧型エスクードのショートボディ。 もちろん中古車です。走行距離は3万キロと少なめでした。 排気量1600cc 直列4気筒エンジン  100PS/6000rpm 14.0kg/4500rpm 小回りが効いて街乗りにも便利な車でしたが、機械式のパートタイム4WD で、しかも古いタイプの機械式なので、4駆に入れる場合は外に出て前輪の 車軸のハブというところを手動で回してから、車内の4駆レバーを操作して 4WDに入れます。これがめんどうくさいのと、普通に平地を走っている分 にはさほどパワー不足は感じませんでしたが、 中央高速というのは、長い上り坂がすごく多いのです。

急勾配の長い上り坂は、エンジンをいくら回しても時速100km以上は出ませんでした。 90kmで走っている車を追い越そうとすると、110kmくらいのスピードで追い越さないと 安全ですばやい追越しができません。遅い車を追い越そうと思っても 上り坂では無理で、もたもたしていると後ろからあおられたりして、 すごすごと走行車線へ。 2年後の車検の前に売却しました。

2代目の車

今は2台目ですが、2台目を買う時に迷ったのが、Jeepのチェロキーという車。 ボディサイズもあまり大きくなく、相当に販売台数も出た車なので、中古市場 にも多く出回っていて、中古車ならかなりの安値で販売されています。 しかし、故障が多いというのでパス。トヨタのハイラックスサーフやホンダのCRVなども視野に入れましたが 前者はボディが街乗りには大きすぎるし、CRVは4駆のメカニズムに 不満がありました。結局2台目もスズキのエスクードにしました。

トヨタ ハイラックスサーフ ジープ・チェロキー・スポーツ スズキエスクードTW62

2代目(2台目)エスクードは排気量2500ccのV6エンジンを積んだ、当時(平成12年型)の スズキのフラグシップモデルを選びました。パワー不足に懲りていたので、ある程度力のある車を選んだわけです。 160PS/6500rpm 22.5kg-m/3500rpm と、パワーもそこそこあり、比較的低い回転数で最大トルクを発揮するエンジンなので、 長い上り坂も余裕で走れるようになりました。なによりも4駆に入れるのに車から降りる必要もなく、手動ですが、 時速100キロ以下なら自由に4駆に切り替えられるのが便利です。けっこう気に入っていますが、少し前に新型エスクードが出て、 現在は、Newエスクードに発展しています。4駆の機構も随分と進化しています。(後述)

3代目(3台目)の車

2016年9月にとうとう3代目の車を購入してしまいました。このサイトも立ち上げてから9年になります。2台目エスクードも11万キロ走行してしまいました。長距離走行ではやはり故障は嫌なので新しい車に替えました。いろいろ検討しましたが、やはり本格的4駆のエスクード。下に書いてある3.2LのV6エンジンを積んだ車も考えましたが、2.4XGで充分な性能です。詳しくはこちらに書いてあります。
☆買い替えた車のこと

4輪駆動の種類とメカニズム

ここで少し4輪駆動のメカニズムについて解説してみたいと思います。

【4輪駆動方式の種類】

【パートタイム方式】
今私の乗っている車がそうですが、一世代前の4輪駆動方式です。通常は2WDで走っていて 路面の状況に応じて4駆に切り変えます。なぜこうしなければならないかというと、4駆に入れると 前輪と後輪の車軸をロックしてつないでしまう訳ですから、タイトなカーブでは内輪と外輪の 回転差が調整できなくなってしまい、動けなくなってしまうこともあるからです。ただ雪道や 泥道などすべりやすい路面では、この回転差も車輪のスリップで吸収されてしまうので走行できるわけです。 ゆえにこのタイプは通常ドライ路面では4駆に入れることはできません。但し、悪路走破性は一番発揮できる 方式です。私の車は4WDにより強力な駆動力を得られるLoモードも付いていますが、 ほとんど使ったことはありません。
【フルタイム方式、センターデフロック機構無し】
これは、乗用車タイプやRV車でもあくまでも普通のセダンの延長線上の車に多く見られるタイプです。 名称のとおり常時4輪駆動になっていて、前輪と後輪をつなぐシャフトにデフ(車軸の回転差を自動で調整するもの) が付いているので、常時4駆に入ったままになっていてどのような路面でも走ることができます。但し、 前輪、後輪どちらかがフリクションを失うとデフの働きで他の車輪も駆動力を失うので、ハードな悪路走行には 不向きです。トヨタのLAV4やハリヤー、スバルレガシーなど多くの車に採用されている方式です。 オプションで4駆が用意されている車はほとんどこのタイプの4WDです。
【オンデマンド方式、センターデフロック機構無し】
この方式は、通常は2WDになっていて、タイヤが路面のスリップを感じると一瞬で4WDになるという 便利な方式。この方式の代表的な車はホンダのCRVです。通常FF走行をしていますが、たとえば雪道に 入ると車がスリップを感知して後輪にも駆動力が伝わるようになっています。オートマチック4駆という感じでしょうか。 もちろんハードな悪路走行には不向きです。但し、このオンデマンド方式にもセンターデフにロック機構が付いていて、 ドライバーの意思でセンターデフをロックさせることができる車もあります。日産のエクストレイルなどがこのタイプです。
【フルタイム方式、センターデフロック機構付】
もっとも完成された4WD方式と言えます。通常はフルタイム4WDで走行して、雪道の上り坂など特に 滑りやすい路面になったら、センターデフをロックさせて駆動力を発揮させる、ドライバーの意思で自由に 4WDを使用することができます。日産のオールモード4WD機構や三菱のパジェロ、トヨタのランドクルーザー などは皆この機構を備えています。 このタイプを備えた車はほとんが今は「フルタイム→直結4駆→Hi→Lo」 が電子制御されていて、室内のボタンひとつで切り替えができます。Newエスクードもやっとこの方式に なりました。またNewエスクードの3.2LモデルにはLSDと言って、片方の車輪が駆動力を失っても もう一方の車輪は駆動力を失わないようにできる装置も付いています。Newエスクードは4WDシステムも 完成されたシステムになりました。

【4WDのシステム図】
4WDのシステム

New エスクード情報

新型エスクードの発表があってからほんの1年余り、New ESCUDOが08年の6月にいよいよ登場! 新型が出てからもいい車だとは思っていましたが、何かいまひとつ足りないと思っていたところ。 そう!他のメーカーのミドルクラスのSUVに比べてパワーが控えめ。 New ESCUDOはエンジンを2.0Lを→2.4Lに、2.7Lを→3.2Lに排気量アップ。 パワーもトルクも充分な性能になりました。 ちなみにカタログデータです。
--------------------------------------------------------------------------------
【直4−2.4L モデル】

「直4−2.4L DOHC 16-VALVE」
最高出力 122KW(166ps)/6,000rpm、最大トルク225N・m(22.9Kg・m)/4,000rpm
10・15モード/10.6Km/L
と私が今乗っているV6 2.5Lよりも若干上回る性能。
--------------------------------------------------------------------------------
【V6-3.2L モデル】

「V6-3.2L DOHC 24-VALVE」
最高出力 165KW(224ps)/3,000rpm 最大トルク284N・m(29.0Kg・m)/3,500rpm
10・15モード/9.5Km/L
スズキエスクード新型
とパワーも充分、トルクも2,000〜3,000回転 の日常よく使う領域が太くなっているので使いや すく上り坂の高速でも余裕の走りを見せてくれると 思います。試乗した人の話では「かなり豪快なパワー感はもうエスクードのイメージではない」 とも言っていました。先進のセーフティー機構などもフル装備。 但し、5速ATが2速ホールドができないので 2速でのエンジンブレーキが使えません。このあたりがマイナス点でしょうか。 最近の経済状況の悪さから燃費の悪い車は敬遠されているようですが、やはり買うならこちらでしょう。 気になる値段も他社の2.5Lクラスと同じくらい。お買い得です。 4WDの性能や悪路走破性は、以前から素晴らしい車なのでこれで鬼に金棒ですかね。

※2009.7現在、この車種はスズキ自動車の生産ラインアップからはずれています。

Newエスクードの評価

車評論家の評価も良好で、街乗り、高速走行、悪路走行、どれでも OKという車のようです。私は別にスズキ自動車の回し者では ありませんが、3代目の車をどれにしようかと考えると やはりこれになりそうです。理由はメカの素晴らしさと、価格の安さです。 他のメーカーの車格的にはワンランク下の車の価格設定です。 スタイリングも2代目よりシャープになりました。

Newエスクード最新情報

2009.7.18現在、V6の3.2Lエンジンを積んだエスクードは、スズキ自動車の生産ラインアップからはずれたようです。 最近のエコカーブームとやはりこのクラスはスズキの車では売れないのかなと思いました。新型の2.4Lはバランスも良く、同格の車の中では 価格的に安いのでこちらはまあまあ売れているようです。ちょっと残念ですが、次に期待しましょう。

今乗っているエスクードのファーストインプレッション

以前今乗っているエスクードのファーストインプレッションを別なサイトにも投稿していました。 だいぶ前の投稿なので、走行距離がまだ3万キロ台になっています、興味のある人は ご覧になってください。ハンドルネームは「エスクミドル」になっています。 スズキ・エスクード/ワイドV6 2500(形式LA−TD62W)

※当サイトに掲載の記事、写真などの無断転載、無断使用は固くお断りいたします。

スポンサードリンク
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.