夢を抱くのに年齢は関係ない

人間いくつになっても夢を抱くことが大切だと思います。
夢がないと前進がありません。
私は、夢とは叶えるものだと思っています。
叶えられない夢は本当に夢で終わってしまいます。
私の今の夢。取り立てて大それた夢は持っていませんが、
夢というより、目標と言ったほうが良いかもしれません。

具体的な目標設定

まず、今の山荘を本拠を田舎に移す前に建て直しか、改築をすること。当初の目的を早く達成するためにできるだけコストを 抑えた建物を建てたので、やはり構造上の脆弱さ、本拠とするには使い勝手が悪いなどの点が気になります。

現在のライフスタイルを、都会から山荘に本拠を移すこと。 これには経済的な面もからめてクリアしなければならないことが 沢山ありますが、ただいま準備中です。 本拠を移すといっても、完全に田舎に定住ということはまだ考えてはいません。日々の大半は田舎で暮らしても、 時々は都会に出てみる。こんなライフスタイルが理想です。都会にはコンサート、美術展など、様々な文化的な イベントがあります。都会の良いところと田舎の良いところを享受しながら生活するということです。

その他諸々、即物的な目標ですが、大好きな車。種類の違う車を2台くらいは所有したいな、何て思っています。 中途半端で休止してしまった、絵を描くということ。また再開したい。作品「浄夜」

「My Foolish Heart」ビル・エバンスの演奏のコピー譜

山荘の建て直し、または改築が実現したら、今都会の住処にある、ピアノを持ってくること。もちろんピアノを弾くためです。 20代に一年ほど習って、バッハのインベンションやショパンの簡単なノクターンやワルツなども弾けるようになりましたが、 今は休止状態です。ぜひ、再開したい。今度はジャズピアノにも本格的にチャレンジしたいと思っています。 もちろんこれで売り出そうなんてだいそれたことは考えていませんよ。あたりまえか(笑)

これは本当に夢なのですが、今、色々音楽に関することを少しずつですが、音楽の楽しみ/音楽の楽しみ方というサイトに、エッセイ風に書いています。 リスナーから見たアーチストやアルバム、曲についてのことなのですが、これをまとめて、自費出版でも良いから、一冊の本にしてみたいと思っています。

右の楽譜はビル・エバンスというピアニストの 「ワルツ・フォー・デビー」という 傑作アルバムの中の名演奏「My Foolish Heart」という曲の最初の部分のコピー譜です。

夢の実現にはお金やモノが必要になります。
但し、お金やモノにあまりに執着するのはやめましょう。
あまりに執着すると逆に物やお金は逃げていってしまうような気がします。
人間死ぬ時には身ひとつです。死ぬ時にお金やモノを一緒に持ってはいけません。
このことを常に念頭に置いておくことが 大切です。
この一点を念頭に入れておけば、お金もモノも有意義に使えるはずです。
お金やモノは使わなければ意味がないのです。

色々書きましたが、夢を持つと人生が楽しくなります。
もちろん実生活ではなかなか思うようには事は運びませんが、
夢の実現のために、毎日ほんのわずかでも行動をする。これが大事です。
本を書きたいのなら、1日一行でも書きましょう。何もしないのは一番いけません。
日々忘れずに夢の実現に向けて行動すれば、必ず夢は実現します。
そして終わりのない幸せをつかみましょう。

MENU


※当サイトに掲載の記事、写真などの無断転載、無断使用は固くお断りいたします。

スポンサードリンク
□PR:地上人生などほんの一瞬人間の永遠の命
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.