スポンサードリンク

山荘を建てて、最も良かったことのひとつに
大好きな音楽が、いつでも好きな時に聴けるということです。
以前から作ってみたかった自作スピーカーも
気兼ねなしに作製することができるようになりました。

自作スピーカー作りの楽しみ

この自作スピーカーの世界には長岡鉄男さんという、偉大な師がいらして 残念ながら何年か前に故人になられましたが、長岡氏の残してくれた 設計図面集、作品の工作過程など膨大な資料が残っています。もちろん 長岡先生の設計そのままを作ることもありますが、先生の設計を参考に 自分で設計する楽しみもあります。

山荘を建ててからもう10台くらい自作スピーカーを作りました。 どれも、市販品にはない個性的な音ですが、素晴らしい音と自負しています。

今度はどんなスピーカーを作ろうか・・・そこが一番の楽しみかもしれません。 自分であれこれ考えながら形や種類などを決めていきます。 市販のスピーカーは大体がバスレフ型(位相反転形)といって、 ダクトという低音を共振させる筒を内蔵したものが殆どです。まれに完全密閉型の箱もあります。

ダブルバスレフ型スピーカー

自作ダブルバスレフ型スピーカー

主に私が作るのは、バスレフ型の応用のダブルバスレフといって、空気室を 2箇所つくり、低音の共振周波数を2種類設けようというものです。 長岡先生の作品も随分と参考になりました。共振する周波数を求める計算上の公式もありますが、 なかなか机上の計算のようには行かないところが面白いところかもしれません。この共振周波数を出す公式はけっこう面倒な 計算をしなければならないのですが、私はエクセルでダクトの長さと直径と箱の容積を入力すると、簡単に共振周波数がわかる自動計算の 表を作成して活用しています。

※この自動計算表をお使いになりたい方はメールでご連絡
いただければ  メールに添付してお送りいたします。

バックロードホーン型スピーカー

自作バックロードホーン型スピーカー

あとは長岡先生のお得意のバックロードホーンという方式のもの。 昔は市販品もありましたが、現在はほとんどありません。なぜかというと、若干音にくせが出るため、万人向きではないとして 敬遠されてしまったのかもしれません。しかし、この方式のスピーカーは概して、高能率、微弱信号も良く聴こえる、スピーカーのバックのホーンを 長くすればするほど豊かな低音が出るなどのメリットがあります。但し、ホーン長を長くすると若干低音が遅れて出るというデメリットも発生するので その辺はバランスを考えなくてはなりません。

私も長岡先生の設計図を元に一段小さな口径のフルレンジスピーカーを つかってサイズダウンモデルを自作しましたが、たったの直径8センチの スピーカーとは思えない迫力のある音が出ます。 右の写真がその写真です。

自作スピーカーの作製と試聴

板取りは自分で図面をひきます。精度を出すために、カットは東急ハンズの ようなお店でカッティングしてもらいます。釘打ちは仕上がりが悪くなるので ボンドとハタガネで作ります。仕上げで一番難しいのはやはり塗装です。 これがなかなか上手くいきません。未だに満足のいく仕上がりには なりません。ただ、音に関しては満足しているので、良しとすることに しましょう。

前述のバックロードホーン形のスピーカーはジャズやロック向きです。 音の立ち上がりがよく、ダンピングの効いたスピード感のある音です。 ダブルバスレフ型は概して音に深みがあり、クラシック向きといえるでしょう。 右上の写真の右側のダブルバスレフは10センチのウーファー(低音専用ス ピーカー)とドームツィーター(高音専用スピーカー)をネットワークで音を つなげています。 左側の表面積の大きいダブルバスレフはウーファーとコーン型の 組み合わせです。こちらはマランツの市販のミニスピーカーをバラして 箱を組みなおしたものですが、ミニの時には味わえなかった深みのある音 がします。どちらも豊かな低音と、繊細で美しい高音が出るのでクラシック 音楽向きです。

バックロードホーン型スピーカーはまだ1作しか作製していませんが、 直径8cmのフルレンジスピーカーユニットがひとつだけ付いている スピーカーの音とは思えない迫力のある音がします。 ジャズのベースのブン!という音や、ドラムスのシンバルの音も 生々しく聞こえます。市販のスピーカーには無い、個性的な 音といえます。

できあがったスピーカーを視聴する際にも、山荘でなら、気兼ねなく 音を出すことができます。そうそう、私が山荘を建てて、一番良かった ところは大好きな音楽を気兼ねなく聴けるということでした。 1,500枚ほどあるCDと100枚ほどのアナログレコードの保管場所を どちらにするか頭を悩ませます。同じCDを自宅用と山荘用と2枚 買うということはありませんが、特にお気に入りはコピーして山荘に 保管してあります。

聴く音楽のジャンルと自作CDジャケット

音楽はやはり山荘で聴くほうが良いです。周りが静かなのと、そこそこの音量で 聴けるので、今まで聞こえなかった楽器の音なども聴き取れるように なります。最近は携帯用デジタルプレイヤーやスマートフォンなどで音楽を聴く人が多く、 小さなイヤフォンで音楽を聴く人が増えています。確かに住宅事情の悪い都会の住まいでは 音が外に漏れないので良い方法かもしれませんが、どうしてもイヤフォンやヘッドフォンは音が頭蓋骨の 中で鳴り響きます。音楽は音源と耳との間に空間があったほうが、音楽の持つ空気感のようなものも 感じ取れるのではないかと思います。

小音量でもスピーカーから聴く音楽のほうが自然に聴こえます。私も小さなイヤフォンで聴くことはありますが、音質は昔と比べると各段に良くなっています。でも、本当の音楽好きは満足できないと思います。 聴く音楽のジャンルはジャズ5割、クラシック3割、あとの2割が ロック&ポップスといったところでしょうか。 聴く音楽によってスピーカーも使い分けています。

自作CDと自作CDジャケット

最近はCDが全盛になってしまいましたが、私も過去に購入したアナログレコードやカセットテープなどに収録した音源 をたくさん持っています。ほとんど聞く機会がなく(操作がめんどうというのが第一の理由)、なんとかならないかと考えて 自分でCD化することにしました。

自作CDジャケット 自作CDジャケット

幸い最近は便利なソフトがたくさんあって、インターネットで「超録」 というアナログ音源をデジタルに変換してCDに焼き付けることができるソフトを見つけました。シェア版もあるのですが、 フリー版でも充分使えます。時間のある時に少しずつ音源をCD化しています。ジャケットもパソコンで加工して 自分でオリジナルジャケットを作っています。写真はその自作CDです。 何かを自分で作ると言うのはとても楽しいことです。

音楽の楽しみ

良い音楽は心を癒してくれます。自分が良いなと思った音楽を聴くといろいろな感動を与えてくれます。 そんな音楽の楽しみや音楽の楽しみ方などを綴ったサイトを開設ました。様々なジャンルの音楽について、色々なことを書いています。少しずつコンテンツを増やしていければいいなと思っています。ちょっと面白い音楽の裏話やちょっぴりマニアックな記事もあるので興味のある方はご覧になってください。

音楽の楽しみ

MENU

※当サイトの記事、写真などの無断使用、無断転載は固くお断りいたします。

スポンサードリンク
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.