●尖石縄文考古館

シルバーウィークというちょっと陳腐な名称の9月の5連休、土曜日はちょっと別な用事があったので、日曜日の夕方から田舎の家に行きました。連休3日目「尖石縄文考古館」という所に行って来ました。実は去年2014年の夏休みに行ったのですが、ちょうどマラソンのイベントをやっていて考古館への道が通行止めになっていて去年は行けませんでした。それで改めて今年行ったというわけです。ページのトップにある写真は近くの「与助尾根遺跡」というところから発掘された竪穴住居跡を復元したものです。

国宝「土偶」【縄文のヴィーナス】

上の写真は縄文のヴィーナスという土偶の写真ですが、妊娠を表す腹部や大きく誇張されたお尻など当時の子孫繁栄の念願が込められている形ですね。この土偶は棚畑遺跡という所からほぼ完全な形で出土されたものです。

下は尖石縄文考古館のパンフレットです。※クリックすると全体を見ることができます。

尖石

遺跡の近くの南斜面にある高さ1mくらいの三角錐状の大きな石。尖石遺跡の名前の由来ともなった石で、縄文人が石器を研いだ石ともいわれています。

尖石縄文考古館のその周辺の風景

尖石遺跡の周辺は広大な平地が広がり、縄文時代の人々が住みやすかったのではないかと思われる、とても雄大な大地です。ここからの景色は心が洗われるようなおおらかな景色です。

尖石考古館とその周辺の写真のアルバム

尖石考古館とその周辺の写真のアルバムを作りました。サムネイル写真をクリックすると大きな写真が開きます。写真のなかの両サイドの>をクリックすると連続して写真を見ることができます。

考古館の近くにある遺跡

 
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.