●建物の外壁塗装

ボロ家とはいえ、家を所有しているとメンテナンスが大変です。マンションなら修繕積立金や、管理費を払っていれば自分でやることはほとんどありませんが、一戸建ての特に木造住宅の場合はそうはゆきません。特に寒冷地にある田舎の家となると、週末田舎暮らしという住まい方では毎日住んでいないので、家の経年劣化も、定住している場合より若干早いようです。

塗装が薄くなり茶色の木肌が出てきた外壁新築してから7年たった頃から外壁の塗装がかなり薄くなってきてグレーの家が木材の地の色の茶色になってきてしまいました。で、塗装を業者さんにお願いしたわけですが、これがけっこうな出費。いつもいろいろお世話になっている工務店に頼んだので、都会の業者の見積価格と比べるとかなり安かったですが、これ、何が高いって「足場」設置費なんです。

自分で塗れるくらいの高さの低い建物にすればよかったのですが、天井は高いほうが開放的だなどと思ってかなりの高さのある建物にしたばかりに、とてもじゃありませんが自分では塗れません。確かに天井が高くて開放感はありますが、冬の暖房も効率が悪いです。このあたりもこれから田舎に家を建てる計画のある人は、よく考えて計画するようにしましょう。

それと塗料はご存知の方もいるかもしれませんが、普通のペンキではなくて「キシラデコール」という防虫剤の入った塗料を塗ります。虫食いを防ぐためです。虫歯にならないガムというのに、キシリトールというのが入っていますが、あれと同じような意味の語句だと思います。自分で塗装をしようという人なら知っているかもしれませんが、必ず防虫剤の入った塗料を使うことをお勧めします。


< 融雪剤
 
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.