●週末田舎暮らしと冬の暖房

真冬の我が家田舎暮らしというと、ログハウスと薪ストーブを思い浮かべる人も多いかと思いますが、確かにログハウスと薪ストーブは ぴったりのマッチングです。ただ、たまにしか行けない人は薪の調達やら、速暖ができないなど、ちょっと不便かもしれません。やはり薪ストーブは、定住向きのスローライフに合う暖房器具だと思います。

当然我が家も石油ストーブです。直燃焼タイプとファンヒーターと2台使っています。 こちらへ来て知ったのですが、ファンヒーターというのは標高が1,200m以上の場所では使用できません。 多分石油を気化してから燃やすので標高が高いと気圧の関係で燃焼酸素が少なくなるので不完全燃焼するからだと思います。

我が家の標高は約1,000m。田舎で購入した石油ファンヒーターには高地補正装置というのが付いています。都会から持ってきたファンヒーターは使えませんでした。 昔からある燃焼用の芯がある直燃焼タイプの石油ストーブは問題なく使えます。こういう構造の単純な物のほうが、すべてに適応能力があるようです。 しかもこのタイプはお湯も沸かせるし、この上にさつまいもをラップでくるんで焼くととても美味しい「やきいも」ができます。

最初はいろいろ都会とは違うことが多くて面食らうこともありましたが、今ではすっかり馴れて不便なことも楽しめるようになりました。


 
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.