週末田舎暮らし週末田舎暮らしの話題>初夏の自然と自然の恵み

●虫と自然の恵み

初物の野菜と筍例年6月にはいると木々の緑はますます色濃くなって、我が家の自慢の雑木林も鬱蒼と茂っています。数年前のことですが、長さ1ミリ〜2ミリの蚤を少し大きくしたような虫がうじゃうじゃ部屋の中まで進入して来ます。ちょっと思い当たらない虫なのですがルーペでよく観察するとどうも甲虫のようです。チラッと見るとただの黒い点のように見えますが、触ると動く。チョイ気色悪いですが、刺したりとかの害はなさそうなので指でつまんで外へ捨てる・・・これは虫との根くらべみたいなもの。

後で調べてわかりましたがこの虫の正体は「花蚤」花に付く蚤なんですね。布団にも進入してくるやつがいたけど、こんなの気にしていたらこんな所では暮らせません。

写真は、隣家の方からいただいた初採りの野菜。レタス、水菜、たまねぎ、どれも新鮮でレタスなどは青々とした葉が葉緑素たっぷりの感じで、炒めて食べるとすごく美味しいです。

ところで上の写真に写っている筍みたいなもの、何だと思いますか?形からすると「竹」みたいですよね。そう、筍です。いつもの散歩道でみつけました。普通の孟宗竹の筍はこんなに地上に大きく出たらとても食べられませんが、2本採取してみました。なぜ採ってみたかというと、たまたま下のスーパーの地場野菜のコーナーにこれと同じものが売ってあったのです。で、思い出して採ってみたんですが、これが「大当たり!」ゆでて食べてみましたが、甘くて香りが良くて全然エグミなし。とても美味しい筍でした。来年が楽しみ・・・と思って期待しましたが、翌年からは全然なくなってしまいました。行く時期とも関係があるのかもしれませんが、誰かに採られているのだと思います。残念(笑)


 
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.