週末田舎暮らし用語集

凍結深度
スポンサードリンク

凍結深度

凍結深度とは、寒冷地で冬期地面の下が凍る深さのことです。なぜこのようなことを建物を建てるときに考慮しなければならないかというと、土は凍ることによって膨張します。そうすると建物の基礎を土が凍る位置に設置すると、凍結した土が盛り上がり基礎の位置が動いて建物が傾いてしまうからです。ですから地面の下まで凍るような寒冷地に家を建てる場合は非常に重要なポイントとなります。

凍結深度は各地方によって違う

この凍結深度ですが各地方で冬期の最低気温が違うので、当然その深さは違ってきます。ちなみに筆者の別荘の建っている場所は70cmです。ですから基礎は地中の凍らない70cm以上深く埋めなくてはなりません。この凍結深度は地元の基礎工事業者なら必ず知っていますので、基礎工事などは地元の業者に依頼したほうが良いと思います。東京の有名な建築家の先生でもこの【凍結深度】のことを知らなかったという話を聞いたことがあります。

参考のために、我が家の矩計図面(断面図)を添付しておきます。この図面をみても わかると思いますが、GL(地面)から基礎杭の柱の部分で80cmあります。またさらに基礎杭の底部まで30cm、基礎の地面を固めてある部分が20cmあります。合計で130cmまで埋まっているのでまず心配はありません。我が家もそろそろ築10年になりますが、基礎が傾く様子はありません。もっとも基礎が傾いてしまったら一大事です。コストを抑えたので建物そのものは若干粗雑な作りですが、基礎はしっかりしているようです。どんなものでも基礎、土台は重要です。

基礎杭の矩計図

週末田舎暮らし用語集に戻る


当サイトに掲載の記事、写真などの無断使用、無断転載は固くお断り致します。

スポンサードリンク
Copyright © 2007 週末田舎暮らし All rights reserved.